サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Temple of the Prince Who Torched His Body and the Making of Mount Wutai=王子燒身寺與五台山的形成
著者 Andrews, Susan
掲載誌 The Journal of Chinese Buddhist Studies=中華佛學學報
巻号v.29
出版年月日2016.07
ページ91 - 127
出版者Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies=中華佛學研究所
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/ch_html/index_ch00.html
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
ノートSusan Andrews
Assistant Professor, East Asian Religions, Mount Allison University
キーワードWutai shan=五臺山; Buddhism=佛教; Mañjuśrī=文殊; Sacred Place=聖地; miracle tale=靈驗記
抄録This paper examines the role that the writing and rewriting of the past played in the creation of Mount Wutai (Wutai shan 五臺山) as a sacred Buddhist place. During the seventh century, Mount Wutai emerged as the center of devotion to the Bodhisattva Mañjuśrī (Wenshu pusa 文殊菩薩) and, as this study shows, the telling and retelling of stories about the site’s early history facilitated this process. Using accounts of one Mount Wutai temple’s founding
as a case study—the Prince Who Torched His Body Temple (Wangzi shaoshen si 王子燒身寺)—the article draws attention both to the suppleness of the past and the connection between the miraculous and the material in places assigned religious significance.

本文檢視書寫與改寫在五臺山形成為佛教聖地中所扮演的角色。在七世紀之時,五臺山開始成為文殊菩薩信仰的中心,且如本文所指出,有關該地早期歷史故事的述說與重述促進了這個過程。以五臺山王子燒身寺的創建為例,本文著重在其對傳言的接納性以及靈異事跡與宗教性地方志的關係。
ISSN23132000 (P); 23132019 (E)
ヒット数178
作成日2016.08.19
更新日期2018.09.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
567742

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ