サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
聖憲作、良尊鈔注「病中寓言 阿字観鈔」考(三):祐宜僧正、中性院流受法の師「良尊」推考=A Research in Ryoson's Commentary on Meditation of [A]nutpāda (阿字観) by Shoken (3): In Search of Yugi's Master Ryoson
著者 森口光俊 (著) ; 大正大学真言学智山研究室 (編)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.61
出版年月日2012.03.31
ページ53 - 71
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード中性院流; 智積院祐宜; 無量光院覚融と四名の良尊
目次はじめに 53
[I]四名の「良尊」について 55
1.「遍照光院良尊」生年不明、慶長七年(一六〇二)四月十四日頃に寂している。(春秋、頼慶「理趣経仮名抄」) 55
2.「多聞院良尊」最晩年「西南院主」。生年不明−寂年元和二年(一六一六)九月十六日。 57
3.第三の一人は印融から直接に伝授されている良尊である。 58
4.第四は、「春秋」に言う、第百四十二世法印大和尚位良尊、大楽院主である。ここに考察する覚融前代の人物である。 58
[II]祐宜、野沢諸流の受法と講学、伝授 59
1.高野山との接点、高野の智積院、多聞院のこと 59
2.祐宜の山上における受法と伝授、関係寺院名(「年譜」)(多くが高野山とあって、寺院房名は記されない) 60
3.祐宜受法の諸派諸流(一部分のみ) 61
[III]祐宜と関係の時代の人々 63
(1)「中性院流」は、印融により高野山「無量光院」に伝わっている。 63
(2)寶性院政遍(一五三四 ― 一六一四) 64
(3)無量光院玄仙(玄僊)と多聞院良尊 65
[IV]祐宜、中性院流受法の師「良尊」推考 67
(1)てがかり 67
「V」仮定、八十歳、遍照光院良尊寂による、祐宜の中性院流受法 69
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.61.0_53
ヒット数54
作成日2016.08.31
更新日期2022.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568214

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ