サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
不空所伝の金剛頂瑜伽経について(二):金剛智三蔵所伝の金剛頂経に関する一考察=The Chin-kang-ting-yü-ch'ien ching Transmitted by Amoghavajra (2): A Study of The Chin-kang-ting-ching Transmitted by Vajrabodhi
著者 田中悠文 (著)=Tanaka, Yubun (au.) ; 大正大学真言学智山研究室 (編)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.40 (總號=n.54)
出版年月日1991.03.31
ページ181 - 197
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
抄録不空三蔵が自ら語る所に拠れぽ、不空三蔵は師である金剛智三蔵より、瑜伽四千頌法を付授されたと云い。更に、インド・セイロンに於いて瑜伽十万頌の法蔵の印可を稟けたと云う。ここでいわれる瑜伽法門が、所謂「金剛頂経」系であるということは論を俟たない。しかし不空の時代には、初会の「金剛頂経」の基本となる四大品具備の聖典が成立していたに過ぎなく、その他の十八会・十万頌より成るといわれる広本の「金剛頂経」は未だその萌芽が認められる程度であったといわれている。ところが、不空・金剛智の訳に帰される経典・儀軌には、「金剛頂瑜伽経」あるいは「瑜伽金剛頂経」より抄出した旨明示される事が多い。本論は、不空三蔵の師金剛智三蔵の所伝ぜる「金剛頂経」系法門を考察する事により、不空三蔵所伝の法潤を研究するパックボーン足らしめんとするものである。
目次〔はじめに〕 181
1〔金剛智三蔵の受法した金剛頂経系法門〕 181
2〔金剛智三蔵の訳出した経軌の検討〕 183
3〔金剛智三蔵の訳出した経軌の特色] 189
4〔金剛智三蔵より不空三蔵に授与された法門〕 192
おわりに 193
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.40.0_181
ヒット数56
作成日2016.09.01
更新日期2022.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568248

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ