サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從慧遠鳩摩羅什之爭看晉宋之際中國佛學思潮的轉向=Debate between Hui Yuan and Kumārjīva and Diversion of Buddhist Thought during the Jin and Song Dynasties
著者 張風雷
掲載誌 中國人民大學學報=Journal of Renmin University of China
巻号n.3
出版年月日2010
ページ70 - 75
出版者中國人民大學
出版サイト http://www.ruc.edu.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者機構:中國人民大學佛教與宗教學理論研究所
キーワード廬山慧遠= Hui Yuan of Lu Shan; 鳩摩羅什= Kumārajīva; 大乘般若學=Mahāyāna-prajñāpāramitā philosophy; 大乘涅槃學=Mahāyāna-nirvāna philosophy
抄録廬山慧遠與鳩摩羅什之間的理論論爭是中國佛教思想史上一個極為重大的事件,它反映了東晉末年以廬山慧遠為代表的中國佛教學者對當時流行的般若性空學說的深刻反思,為晉宋之際中國佛學思潮從大乘般若學向大乘涅槃學的重大轉向起到了思想鋪墊作用,在中國佛教思想發展史上具有里程碑式的重要意義。

The doctrinal debate between Hui Yuan of Lu Shan and Kumārajīva was an extremely important event in the history of Buddhist thought,however,its significance has not been sufficiently revealed in the academic circles.This paper is of this opinion: The doctrinal debate between Hui Yuan and Kumārajīva revealed a profound refection of Chinese Buddhist scholars represented by Hui Yuan on the then popular prajā-’sūnyatā philosophy since the end of East Jin Dynasty,which paved the way for the great diversion of Chinese Buddhist thought from the Mahāyānaprajāpāramitā philosophy to Mahāyāna-nirvāna philosophy,and was of milestone importance in the history of evolution of the Chinese Buddhist thought.
目次一、從“般若性空”到“涅槃妙有”──晉宋之際中國佛學思潮的轉向 70
二、慧遠與鳩摩羅什之爭的思想史意義 72
參考文獻 75
ISSN10005420 (P); 10005420 (E)
ヒット数221
作成日2016.09.02
更新日期2019.10.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568274

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ