サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鳳潭對中國華嚴思想的批判及其理論意義=Fengtan’s Criticism of the Thought of Chinese Huayan School and Its Theoretical Significance
著者 張文良 (著)=Zhang, Wen-liang (au.)
掲載誌 中國人民大學學報=Journal of Renmin University of China
巻号n.3
出版年月日2010
ページ76 - 82
出版者中國人民大學
出版サイト http://www.ruc.edu.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード鳳潭=Fengtan; 華嚴思想=Thought of Huayan Buddhist School; 天臺思想=Thought of Tiantai Buddhist School
抄録中國的華嚴宗和天臺宗是中國佛教諸宗派中最具哲理性的宗派,對中國佛教思想性格的形成影響至深。鳳潭通過對中國華嚴宗思想特別是對澄觀和宗密的華嚴思想的批判,試圖會通華嚴思想和天臺思想。雖然鳳潭對澄觀和宗密的批判有失偏頗,但他敏銳地指出了中國華嚴宗的思想基礎由"法性本空"向"真心緣起"的轉變,并指出了法藏的華嚴思想與智者大師的天臺思想有相通之處。這對我們準確把握中國華嚴思想與天臺思想的理論特質不無幫助。

Chinese Huayan and Tiantai Buddhist School are the most philosophical schools of Chinese Buddhist Schools,which had a great influence on the character of Chinese Buddhism.Through the criticism of Huayan Buddhist School,especially of the thought of Chengguan and Zongmi,Fengtan attempted to harmonize differences in teachings of Huayan and Tiantai Buddhist School.There are some biased comments on Chengguan and Zongmi,Fengtan observantly pointed out the transformation from "Emptiness of Dharma-nature" to "Dependent Origination of True Mind" of the ideological foundation of Chinese Huayan Buddhist School.Fengtan also marked that there are some connections between Fazang’ Huayan thought and Zhiyi’s Tiantai thought.All of these will be helpful to correctly understand the theoretical characteristics of Chinese Huayan Buddhist School and Tiantai Buddhist School.
目次一、關於頓教與圓教 76
二、關於唯心說 79
三、關於佛性與法性 79
四、鳳潭的中國華嚴批判的理論意義 81
參考文獻 82
ISSN10005420 (P); 10005420 (E)
ヒット数295
作成日2016.09.02
更新日期2019.10.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568275

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ