サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
グローバル化時代のカトマンドゥ仏教霊場=The Buddhist Holy Site in Kathmandu in the Golobal Age
著者 杉木恒彦 (著)=Sugiki, Tsunehiko (au.) ; 大正大学真言学智山研究室 (編)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.55 (總號=n.69)
出版年月日2006.03.31
ページ(37) - (72)
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワードネパール; カトマンドゥ; 仏教; 聖地; グローバル化
目次1 はじめに 37
2 現代のスワヤンブ丘に共存する3つの価値の軸 37
3 霊的な場という価値の軸 38
3.1 ネワール仏教僧によるスワヤンブのシンボリズ厶 38
3.2 鐙的場の凝集力と、人と物と観念のフロー 42
4 人類の遺産”という博物館的文化財としての価値の軸 45
4.1 世界遺産制度がもたらす文化の二面性と博物館的価値 45
4.2 スワヤンブ改築のパラダイムシフト 47
4.3 持続可能性、エコミュージアム:宗教実践の場の管理構造の変容 49
5 エスニックアイデンティティーの文化的拠り所としての価値の軸 52
5.1 エスニックな文化的闘争の過去と今 52
5.2 スヤワンブ丘麓の想像力 57
(1)第一の観点 57
(2)第二の観点 57
(3)第三の観点 59
6 結論現代のスワヤンブ丘 61
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.55.0_B37
ヒット数26
作成日2016.09.21
更新日期2022.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568512

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ