サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
教舜記『金剛界口傳鈔』三巻について=On the Kongoukai-kuden-sho-nikan by Kyojun
著者 布施浄明 (著)=Fuse, Jomyo (au.) ; 大正大学真言学智山研究室 (編)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.57
出版年月日2008.03.31
ページ57 - 82
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード金剛界; 播抄; 広次第; 六会建立
抄録 東密では十八道の後に金剛界を修するのが習いである。前回までの研究により、『播鈔』の性質が見え、その重要性を改めて認識したところである。加行実修の理解を深めるために必要な聖教として憲深口決教舜記『金剛界口伝鈔』三巻を中心にして金剛界次第の成立について概略を述べ、その構成内容について考察し、『播鈔』に憲深の口伝がどのような形で記されているか紹介しながら、憲深がどのうような視点で教舜に伝授したかを検証したいと思う。現在のところ『十八道口伝鈔』二巻にならい智積院蔵十冊本を底本としその入力作業、書き下し、引用文献の整理を終えている。
底本は三巻本で、上巻は上堂観〜成仏まで、中巻は道場観〜金剛鈴まで、下巻は大供養会〜印佛等である。対校本は、静栖寺蔵三巻本、高幡山金剛寺蔵三巻本、成田山新勝寺図書館蔵三巻本、大正大蔵二巻本である。大正本上巻は上堂観〜成仏、下巻は道場観〜印佛等である。データは、上巻は嬲m×悃x6、94頁。中巻は斷x墹×4、80頁。下巻は盥皿×齢×4、50頁である
目次概略 57
一、次第の変遷 58
二、次第の構成 60
1 降三世三昧耶会 64
2 降三世羯磨会 65
3 理趣会 65
4 一印会 66
5 四印会 67
6 供養会 67
7 微細会 68
8 三昧耶会 69
9 羯磨会 70
三、教舜記『金剛界口伝鈔三』巻について 72
四、まとめ 73
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.57.0_57
ヒット数44
作成日2016.10.19
更新日期2022.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
568940

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ