サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
“法相”與“唯識”何以分宗?——試論“唯識、法相分宗說”在歐陽竟無佛學思想中的奠基地位
著者 張志強 (著)=Zhang, Zhi-qiang (au.)
掲載誌 中國哲學史=History of Chinese Philosophy
巻号n.3
出版年月日2010
ページ115 - 128
出版者廣東人民出版社
出版サイト http://www.gdpph.com/
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者機構:中國社會科學院哲學研究所
キーワード唯識學; 歐陽竟無; 佛學思想; 唯識義; 瑜珈師地論; 三自性; 百法明門論; 阿毗達磨; 五蘊論; 無著
抄録1925年8月,歐陽竟無(漸,1871-1943)為澄清支那內學院“非宗教性質、是講學機關”的辦學宗旨,致信時任教育部長的章士釗,在闡明內學院所講求之“內學”性質的同時,羅列二十條所謂“現得之學理”作為內學院研學所得之成果,并進一步將其概括為三方面,亦即“總得之理”、“法相之理”與“唯識之理”。在所謂“總得之理”當中,歐陽總括了前此十余年自己研學之心得與學理之創獲:一、群眾三苦熾然而后學興,一切所學為他而學;二、唯識、法相學是兩種學,法相廣于唯識,非一慈恩宗所可概;三、法性、法相是一種學,教止是談法相,龍樹、無著實無性相之分;四、教以法、義為通途,無大小乘之畛域;五、教無進化之理,而有遞嬗之跡
目次一 118
二 122
ISSN10050396 (P); 10050396 (E)
ヒット数329
作成日2016.11.30
更新日期2019.08.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
569434

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ