サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
清沢満之を「一貫する」思想:『臘扇記』を手がかりとして=The Common Thread in Kiyozawa Manshi's Thought: Reading the Rösen-ki
著者 名和達宣 (著)=Nawa, Tatsunori (au.)
掲載誌 現代と親鸞=Today and Shinran=ゲンダイ ト シンラン
巻号n.28
出版年月日2014.06.01
ページ2 - 50
出版者親鸞仏教センター=シンラン ブッキョウ センター
出版サイト http://www.shinran-bc.higashihonganji.or.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート研究論文=Articles
目次はじめに 2
一、現今の清沢研究―二つの潮流― 4
二、『臘扇記』とはいかなる書物か 5
①転換の年―一八九八年―
②執筆の背景と実存的課題
③「黙忍堂臘扇」の名のり
三、『臘扇記』の公開と波紋 10
①「絶対他力の大道」
②清沢没後の公開と波紋
四、 「日誌」から見えるもの 14
①浮かびあがる人物像
②転換の契機―新法主及三連枝一条―
③志願の再燃―東京への想い―
五、 『臘扇記』における思索の展開 20
①『エピクテタス語録』
②「仏教の効果は消極的なるか」
六、エピクテタスとの邂逅 23
①自由の場所を求めて
②絶対無限(他力)の妙用
③死の恐怖(fear of death)と平安(calm and serenity)
七、清沢の生涯を貫く思想 31
①分限(有限/無限)の自覚
②実感の極致
おわりに 37

ISSN13474316 (P)
ヒット数1025
作成日2016.12.23
更新日期2019.05.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
569793

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ