サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
初期佛教的經行 兼論當代上座部佛教的行禪=The Practice of Caṅkama in Early Buddhism: with a Brief Survey of the Methods of Walking Meditation Practiced in Contemporary Theravāda Buddhism
著者 溫宗堃
掲載誌 福嚴佛學研究=Fuyan Buddhist Studies
巻号n.4
出版年月日2009
ページ141 - 168
出版者福嚴佛學院
出版サイト http://www.fuyan.org.tw/
出版地新竹市, 臺灣 [Hsinchu shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
抄録本文旨在探討初期佛教「經行」的理論與實踐。文章的主體部分,以初期佛教文獻——即保存於漢譯、巴利的阿含/尼柯耶及律典——為基礎,探討「經行」的場所、利益、時間、禮節,以及修習方法。其中,也運用後期的佛教文獻,如巴利注釋書與中國古德的著述,以了解佛世之後的佛教徒如何詮釋、實踐初期佛教的「經行」。文章的第二部分,略述經行在當代南傳佛教禪修系統中的修習概況,並探討緬甸馬哈希傳統所教導的行禪方法。

This article aims to investigate the theory and practice of jing-xing (Pali caṅkama; Sanskrit caṅkrama) in Early Buddhism. The main part of this article discusses the concept of jing-xing based on the early Buddhist literature i.e. the Āgamas/Nikāyas and Vinayas preserved in Pāli and Chinese. Latter Buddhist texts including the Pāli commentaries and the works of ancient Chinese monks are utilized to facilitate our understanding of how Buddhists after the death of the Buddha interpreted and practiced jing-xing. The second part gives a brief survey of the methods of caṅkama practiced in various meditation systems of contemporary Theravāda Buddhism, and discusses the techniques of practicing walking meditation taught by the tradition of Mahāsi Sayādaw of Burma
目次§1. 前言 142
§2. 經行的字義 143
§3. 經行的場所 144
§4. 經行的利益 148
§5. 經行的時間、禮節與方法 152
§6. 當代上座部佛教的行禪 156
§7. 馬哈希傳統的行禪方法 157
§8. 結語 161
參考書目 162
ヒット数82
作成日2016.12.29
更新日期2017.07.14



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
569936

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ