サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
星雲大師對佛教的十大貢獻
著者 程恭讓
掲載誌 二○一四‧人間佛教高峰論壇輯二:人間佛教宗要
出版年月日2015.09
ページ329 - 348
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://www.fgsihb.org/
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:南京大學
抄録星雲大師是台灣佛光山的開山,是現代人間佛教一位卓越的創立者,是具有全球聲望的當代佛教導師。大師祖籍江蘇江都,一九二七年生,十二歲在棲霞寺出家,一九四九年渡海來台灣,一九六七年開始創建佛光山道場。自一九四七年焦山佛學院畢業迄今,大師弘法已近七十餘年。今屆九十嵩壽,仍自稱﹁做一天和尚撞一天鐘,一日不作,一日不食,學而不厭,誨人不倦,不忍眾生苦,不忍聖教衰,以弘法為家務。大師對於佛教的貢獻和影響,不限於台灣,而及於全球各地;不限於人間佛教,而關乎整個佛教。大師對於佛教貢獻至巨,影響至深。茲摘其主要者,嘗試言之。
目次一、系統地建構人間佛教思想理論體系,是星雲大師對佛教的第一大貢獻 330
二、深廣地推進人間佛教實踐層面的建設事業,是星雲大師對佛教的第二大貢獻 341
三、創建高素質、規模化的人間佛教僧團,是星雲大師對佛教的第三大貢獻 333
四、更加重視、積極發揮信眾對於佛教弘法的重要作用,是星雲大師對佛教的第四大貢獻 334
五、提倡對全體佛教文化知識與信仰的整合,是星雲大師對佛教的第五大貢獻 336
六、成功實現佛教現代化的重大轉型,是星雲大師對佛教的第六大貢獻 338
七、推進佛教國際版圖的大幅拓展,是星雲大師對佛教的第七大貢獻 340
八、真心誠意、卓有建樹地積極推動兩岸和平,是星雲大師對佛教的第八大貢獻 342
九、為現代台灣佛教的發展探索到根本的出路和正確的方向,是星雲大師對佛教的第九大貢獻 343
十、為大陸佛教的改革和發展提供重大的啟示及參照,是星雲大師對佛教的第十大貢獻 345
ISBN9789865777999
ヒット数635
作成日2017.01.19
更新日期2018.06.12



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
570228

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ