サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
困惑的癥結 ── 反思宗教學方法論=The Crux of Confusions: Reflection on Methodology in Religious Studies
著者 金澤 (著)=Jin, Ze (au.)
掲載誌 世界宗教文化=The Religious Cultures in the World
巻号n.1
出版年月日2013.02
ページ1 - 7, 120
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード弗雷澤=Fraser; 黑格爾=Hegel; 宗教的內在張力=religious internal tension
抄録國內外學術界對於中國宗教的理解都是在西方話語體系中形成的。西方對於中國宗教的認識主要是受弗雷澤、黑格爾等人的學術觀點的影響。因此對這些學術觀點進行反思,是我們建構中國宗教自己的話語體系的前提。有意無意地將學術論斷變成了解釋工具;將範疇建構變成了認知方式,而沒有充分認識其局限性,乃是問題的癥結所在。為此,我們要自覺地和不斷地堅持以哲學的批判精神自我審視,反思宗教學的基本範式,並由此推動宗教學的拓展與深化。

Domestic and foreign academic understandings of Chinese religion are all formed in the Western discourse system. The Western understandings of Chinese religion are mainly influenced by the academic points of view of Fraser, Hegel et al.. Therefore, making reflections towards these academic points of view is the premise of constructing our own Chinese religious discourse system. The crux of the problem is taking the academic judgment as interpretation tool intentionally or unintentionally and taking category construction as cognitive way without fully knowing its limitations. To the end, we have to consciously and constantly adhere to make self-examination with the critical spirit of the philosophy, to reflect the basic paradigm of religion, and thus to promote the expansion and deepening of religion.
目次一、學術論斷變成了解釋工具 1
二、範疇建構變成了認知方式 3
三、我們如何把握宗教的內在張力? 5
ISSN10076255 (P)
ヒット数216
作成日2017.03.10
更新日期2019.08.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
571422

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ