サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
藏傳佛教研究:第一輯(全二冊)
著者 鄭堆 ; 周煒 ; 李德成
出版年月日2015.11.01
ページ269
出版者中國藏學出版社
出版サイト http://www.zytzb.org.cn/cbs/zx/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
注記藏傳佛教,或稱藏語系佛教,或俗稱喇嘛教,是指傳入西藏的佛教分支。屬北傳佛教,與漢傳佛教、南傳佛教並稱佛教三大地理體系,歸屬於大乘佛教之中,但以密宗傳承為其主要特色。藏傳佛教的流傳地集中在中國西藏地區、尼泊爾、不丹、印度的喜馬偕爾郡、拉達克和達蘭薩拉。13世紀,開始流傳於蒙古地區,至今,蒙古、土、裕固等民族,仍多信奉藏傳佛教。《藏傳佛教研究(第一輯 套裝上下冊)》收集了發表和出版過的有關藏傳佛教活佛轉世及金瓶掣簽的多篇文章,使世人對藏傳佛教活佛轉世和金瓶掣簽制度有很好的瞭解,對把管理活佛轉世的權利牢牢掌握在中央手中,提供了大量歷史證據。

以講經說法、著書立說為核心的傳教方式成為佛教弘揚發展的主要載體。實際上,講經說法、著書立說正是教義闡釋的具體形式,佛教徒正是以這樣的方式向世人、向后輩弟子講說着、解釋着、宣揚着教義教規和自己的主張,佛教也正是在歷輩教徒的這種教義闡釋之中得以傳播和發展。
目次序吾
藏傳佛教和諧思想在構建和諧社會方面的作用
知恩報恩慕樂祖國——藏傳佛教的愛國主義光榮傳統
佛教教義中的愛國思想
愛國守法與愛教守戒的現實意義
藏傳佛教適應社會需求是自身存續的必然
宗喀巴宗教改革與佛學思想建設
宗喀巴戒律思想概說
從《律經》看藏傳律統的基本特點
菩薩「三戒」的內涵及其價值
關於《人菩薩行論》的幾點新認識
釋迦牟尼的出離觀及其當代意義
初探巴竹·晉美秋吉旺布的傳法及其對當代
藏傳佛教教義闡釋的啟示
淺談藏族民間信仰和禁忌對生態環境的保護作用——以部分藏族地區為例
ISBN9787802538344
ヒット数15
作成日2017.03.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
571725

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ