サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鈴木大拙對西方禪佛教發展的影響=The Influence of Suzuki on the Development of Zen Buddhism in the West
著者 王欣 (著)=Wang, Xin (au.) ; 李利安 (著)=Li, Li-an (au.)
掲載誌 西北大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Northwest University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号v.38 n.5
出版年月日2008.09
ページ81 - 85
出版者西北大學學報編輯部
出版地西安, 中國 [Xi'an, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート王欣: 西北大學中東研究所;李利安: 西北電子科技大學人文學院。
キーワード鈴木大拙=D.T. Suzuki; 西方禪佛教=Zen Buddhism in the West; 20世紀=the 20th century
抄録鈴木大拙是20世紀上半葉對西方禪佛教發展影響最大的學者和禪師。他所弘傳的禪佛教思想被稱為「鈴木禪」,深刻地影響了當代西方社會佛教及禪宗的傳播和發展。鈴木在向西方主動弘揚禪佛教的同時,強調了東方思想的優越性;他所闡釋的禪佛教采用了不同於傳統佛教研究的方法和策略,影響了20世紀上半葉的禪佛教研究;「鈴木禪」在積極與西方思想會通的同時,也對西方社會的生活及其文化產生了深遠的影響。

D.T. Suzuki is the best-known Buddhist scholar and Zen master in the former half of the 20th century. Suzuki’s Zen Buddhism exerted a great impact on the propagation and development of Zen Buddhism in the West. Initiatively, Suzuki introduced Zen Buddhism to the West with the emphasis on the superiority of the oriental thought. The methods and strategies of his interpretation of Zen Buddhism influenced the relevant academic research in the former half of the 20th century. Moreover, he accelerated the communication between Zen Buddhism and Western thought, and extended the influence of the oriental Zen to the Western society, life and culture.
目次一、由「西方民族主義」到「東方民族主義」的轉化 82
二、從傳統學術到反常規學術的轉化 82
三、禪佛教與西方思想的會通 83
(一) 禪佛教與西方哲學的會通 83
(二) 禪佛教與基督教的對話 83
(三) 禪佛教與心理學、精神分析學 84
四、從信仰層面滲透到社會生活及文化層面 84
參考文獻 85
ISSN10002731 (P); 10002731 (E)
DOI10.16152/j .cnki .xdxbsk.2008.05.005
研究種類佛教-思想
ヒット数60
作成日2017.03.23
更新日期2019.10.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
571903

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ