サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
文殊信仰發展的主脈 ── 從印度佛教到中國佛教=The Main History of the Development of Manjusri Belief: from Indian Buddhism to Chinese Buddhism
著者 魏道儒 (著)=Wei, Dao-ru (au.)
掲載誌 世界宗教文化=The Religious Cultures in the World
巻号n.5
出版年月日2016.10
ページ1 - 6, 158
出版者中國社會科學院世界宗教研究所雜誌社
出版サイト http://iwr.cass.cn/
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート魏道儒,中國社會科學院世界宗教研究所研究員。
キーワード文殊信仰=Manjusri Belief; 諸佛之師=teacher of all buddhas; 三聖圓融=integrating harmony of the three Holy; 五臺山=the Wutai Mountain
抄録從佛弟子到被奉為諸佛之師,從代表般若智慧到代表整體佛教智慧,是印度佛教中文殊信仰發展的兩條主脈。從爭論文殊與普賢排名到提出"三聖圓融"學說,從確立五臺山為文殊根本道場到建成佛教朝拜、修行、研究和弘法聖地,是文殊信仰中國化發展的兩條主脈。特例性質的文殊信仰在中印佛教中均具有牽一髮而動全身之勢,是中印佛教文化交流互鑒的重要成果。

There are two chief paths in the development of manjusri belief in India Buddhism, from Buddhist disciples to teacher of all buddhas and from on behalf of prajna wisdom to be representatives of the overall Buddhist wisdom. There are also two chief paths in the development of sinicization of manjusri belief, from the debate of manjusri and samantabhadra rankings to putting forward the "integrating harmony of the three Holy" theory and from establishment of Wutai Mountain as fundamental temple to building it as the holy land of Buddhist pilgrimage, practice, research and doing missionary work. Manjusri belief of special properties is extremely important in both Chinese Buddhism and Indian Buddhism, which is the important achievements of communication and mutual learning of Buddhist culture between China and India.
目次一、印度文殊信仰發展的兩條主脈 1
(一)從佛弟子到諸佛之師 1
(二)從代表般若智慧到代表整體佛教智慧 2
二、文殊信仰中國畫的兩條主脈 3
(一)知行關係與〝三聖圓融〞 3
(二)文殊道場與佛教聖地 6

ISSN10076255 (P)
ヒット数23
作成日2017.04.07
更新日期2019.08.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
572398

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ