サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Christianity and the Notion of Nothingness: Contributions to Buddhist-Christian Dialogue from the Kyoto School
著者 Muto, Kazuo (著)=武藤一雄 (au.) ; Repp, Martin ; Van Bragt, Jan
出版年月日2012.03.19
ページ228
出版者Brill
出版サイト http://www.brill.com/
出版地Leiden, the Netherlands [萊登, 荷蘭]
シリーズPhilosophy of Religion - World Religions
シリーズナンバー2
資料の種類書籍=Book
言語英文=English
目次Preface
Mutō Kazuo (1913 - 1995) – An Introduction to his Life and Work
Martin Repp
1. Problems Facing Japanese Christianity Today
2. Theologism and Religionism
3. A New Possibility for a Philosophy of Religion
4. “Immanent Transcendence” in Religion
5. Christianity and the Notion of Nothingness
6. “Watch Your Step!”
7. Nothingness-in-Love – The Philosophy of Tanabe Hajime and Christianity
8. The Nishida–Tanabe Philosophy and Christianity

Selected Bibliography of Mutō Kazuo’s works
Indices:
Names
Terms
Bible quotations
ISBN9789004228405 (print); 9789004228429 (e)
ヒット数248
作成日2017.05.05
更新日期2017.05.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
573061

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ