サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
On the Ekottarikāgama T 125 as a Work of Zhu Fonian=論《增壹阿含經》的譯者應是竺佛念
著者 Radich, Michael
掲載誌 The Journal of Chinese Buddhist Studies=中華佛學學報
巻号v.30
出版年月日2017.07
ページ1 - 31
出版者Chung-Hwa Institute of Buddhist Studies=中華佛學研究所
出版サイト http://www.chibs.edu.tw/ch_html/index_ch00.html
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese; 英文=English
キーワードEkottarikagama=增壹阿含經; Zhu Fonian=竺佛念; Samghadeva=僧伽提婆; Chinese Buddhist translations=漢語佛典譯本; ascription=歸屬
抄録On the basis of a large set of diverse stylistic markers, this paper argues that
the EkottarikƘgama T 125 was translated by Zhu Fonian, and not by
SaԲghadeva. The paper also considers implications of its findings for the
broader corpus of texts ascribed to Zhu Fonian, and for methods in assessing
ascriptions of Chinese Buddhist texts on the basis of internal evidence.

基於數十種不同翻譯風格標誌的比較,本論文提議《增壹阿含經》的譯者應是竺佛念而非僧伽提婆。並就此結論進一步探討所涉及的兩個問題:一、歸屬於竺佛念的作品當中,哪些才是其翻譯的?二、依據文體風格來判定漢語佛教經典的譯者時,何為最恰當的方法?
目次Introduction 3
Preliminaries: Selection of the Benchmark Zhu Fonian Corpus 4
Examination of Stylistic Markers 9
Conclusions 21
Directions for Future Research 23
Postscript on Method 27
Acknowledgements 28
References 29
ISSN23132000 (P); 23132019 (E)
ヒット数201
作成日2017.07.05
更新日期2018.09.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
575267

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ