サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
曇鸞・道綽における仏身仏土の思想構造(下)─弥陀浄土説から弥陀主格説へ─=T’an-luan and Daochuo’s Structural Understanding on the Body and the Land of the Buddha (Part Two)
著者 田中無量 (著)=Tanaka, Muryo (au.)
掲載誌 武蔵野大学仏教文化研究所紀要=Journal of Institute of Buddhist Culture, Musashino University=ムサシノ ダイガク ブッキョウ ブンカ ケンキュウジョ キヨウ
巻号n.33
出版年月日2017.02.24
ページ25 - 47
出版者武蔵野大学仏教文化研究所
出版サイト http://www.musashino-u.ac.jp/bukken/
出版地西東京市, 日本 [Nishitokyo-shi, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード願生往生=Ganshō Ōjō; 弥陀身土=AMIDA’s Shindo; 三身三土=Sanshinn Sando; 救済論=Kyusai-ron; 修道論=Shūdō-ron
抄録In this paper, I have will discuss and clarify the differences found in the basic understanding between Tʼan-luan and aochuo with regard to the teachings on the Budda-body and the Buddha-land. With regard to these teachings, Tʼan-luan discussed “Amidaʼs Pure Land” from the perspective of the Bodhisattvas and “those aspiring to be born” from the perspective of their being embraced in the Great Compassion of Amida’s Pure Land. On the other hand, Daochuo discussed them from the perspective of Amitābhaʼs Buddha, thereby revealing the principles of practices involved with oneʼs “birth in the pure land”(Ōjō Jōdo).These differences mean that T’an-luan revealed teachings for the Pure Land aspirants who are already embraced in Amitābhaʼs great compassion, while Daochuo revealed teachings for the Pure Land aspirants who are not yet embraced by Amitābhaʼs great compassion.
目次序論 26
一. 曇鸞・道綽における二種法身説・広略相入論の相違 30
二. 道綽の菩提心論にみる三身三土義 33
三. 曇鸞と道綽における「見生の火」理解の相違と道綽の「始終」の説示 38
結論 43
ISSN18820107 (P)
ヒット数23
作成日2017.08.04
更新日期2018.02.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
575487

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ