サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
六合叢書:大戒東漸
著者 林鳴宇
第一版
出版年月日2014.10.01
ページ282
出版者浙江大學出版社
出版サイト http://www.zjupress.com/default.html
出版地浙江, 中國 [Chechiang, China]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録本書以東渡日本的大戒 ( 即大乘菩薩戒) 的思想發展變遷為機軸,分析此後日本各時期佛教界對於大戒的接受以及影響。並以參究曾留學大宋的日本曹洞宗祖師道元的戒律思想為例,指出其戒律思想之多元性及複雜性(即受宋禪宗,日本天臺,宋律宗等甚多影響)。 該書雖以日本佛教為主題,然內容均涉及中國佛教,可定義為研究日本佛教對中國佛教的接受之書籍。另該書主角道元曾留學浙江,並與寧波天童寺有千絲萬縷的關係,這實在是一段好因緣。此外,該書最後之佛教傳統戒律與現代司法規範之排斥及融合—淺談日本當代社會僧俗悖容問題,實為當代中日兩國僧人的共通課題。由於著者因工作需要,常年在日本接觸此類實際問題,略有心得,可供國內同行參考。
目次《律宗新學名句》與道元戒思想之關聯
道元戒律思想與天台教理思想之接點 ——《正法眼藏》「三十七品菩提分法」卷所見事例
道元菩薩戒思想所見中國禪宗之影響 —— 高沙彌事例略談
道元《寶慶記》
成立背景所析《佛祖正傳菩薩戒作法》之意義
《佛祖正傳菩薩戒作法》
《佛祖正傳菩薩戒教授戒文》
湛然「授菩薩戒儀」最古抄本之發現
稱名寺舊藏《授菩薩戒儀》(2013年修訂版)
金澤文庫藏湛睿版《授菩薩戒儀》校訂——兼議加藤榮司七十條校
青蓮院吉水藏新出資料《出家·授戒作法》——論與「十六條戒」之關係
鐮倉時代諸種菩薩戒儀之流傳——再考「十六條戒」
源信《自誓戒》
《黑谷略戒》
青蓮院所藏戒儀寫本之內容研究
後記
ISBN9787308134071 (P)
ヒット数51
作成日2017.08.08
更新日期2017.08.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
575500

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ