サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
北朝佛教研究:第三屆河北禪宗文化論壇論文集
著者 黃夏年 (著)=Huang, Hsia-nien (au.)
第1版
出版年月日2015.10.01
ページ366
出版者大象出版
出版サイト http://www.daxiang.cn/
出版地鄭州, 中國 [Zhengzhou, China]
資料の種類論文集=Collected Papers
言語中文=Chinese
ノート簡體字本
含參考書目
抄録《北朝佛教研究》探討了北朝時期鄴都(今安陽)地區的佛教文化,包括對佛圖澄、道安、鳩摩羅什、慧光等著名佛教人物研究,北方地區民族遷徙與佛教的關係,以及北朝佛教發展的模式與特點等。文集收入孫昌武、楊曾文、溫金玉、楊維中等學者的論文。
目次佛圖澄及其在中國佛教史上的地位
佛圖澄與北方佛教
佛圖澄與後趙佛教
關於佛圖澄在華傳教的幾個問題
淺論東晉道安的解經思想與實踐——從格義、章句之法到科判解經
釋道安格義思想研究
道安《二教論》述評
道安與關中實相義略析
道安與中土早期阿毘曇學之發展
道安對佛教在中國發展的促進及現代啟示
未了公案,且待來哲——有關曇鸞追尊蓮宗祖師位的問題
曇無最與行唐封崇寺
鳩摩羅什及關河之學對中國兩晉後佛教影響窺豹
慧光大師的生平與貢獻略論
鄴城地區出土後趙至北朝佛教造像藝術風格的形成與發展
瞿曇般若流支與鄴都的佛典傳譯
趙文業晚年行跡考
魏晉南北朝時期北方佛教發展模式淺議
地論師南北道的分立及北道的傳承、轉向
北魏孝明帝正光元年的佛道論衡
論北齊時期鄴都的講經之風
北周武帝滅佛背景下的河北佛教
“十六國”時期今河北地區的民族遷徙與佛教
“十六國”時期東北佛教的流布
ISBN787534782053
ヒット数309
作成日2017.08.22
更新日期2017.09.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
575589

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ