サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教哲學:一個歷史的分析;觀音:半個亞洲的信仰
著者 加魯帕赫那 (著)=Kalupahana, David J. (au.) ; 陳銚鴻
第1版
出版年月日2013.12.01
ページ221
出版者貴州大學出版社
出版サイト http://press.gzu.edu.cn/
出版地中國 [China]
シリーズ現代世界佛學文庫
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録在毫無門戶之見的學術前提下,我們要指出這樣的結論是沒有歷史根據,更沒有對資料作審慎的考查。例如某一思想同時出現於甲期與接踵而來的乙期,但這並不等於證明乙期學者是毫不反省地接受了甲期的學術思想。假如我們接納上述的辯證,就等於說一位好的科學家,他同意前人的理論,我們就斷定他未經思索地接受一樣。
一個大學的理科生,可單靠教科書而接納前人的理論,但一位認真的科學家是不可能這樣做的。同樣道理,一位沒有練就神通感覺的佛教徒,單聽佛陀的話,已足夠使他相信了,但對一個有如佛陀般的修行者,連他的老師阿邏迦和鄗達迦·羅摩子都承認他是已熟悉一切瑜伽法門,又練就神通的智者,就不能以同樣的眼光去理解他了。
至於第二點假設,皆因對佛教與較前期的理論,未能作深入的了解,才會誤認它們是相同的。否則,佛陀就不會被同期學者,指責他是提倡斷滅論了(也就是說,否定有永恆不變的“自我”以負責來生與道德的責任)。或者,正如有些弟子在佛在世時,已經產生以下的困惑:“既然色、受、想、行、識都無自我,則誰人承受一己行為的影響呢?”逭也即是說:當佛陀否定了不滅的“自我”後,他怎樣才能圓滿地解釋業報呢?唯物論者否定不滅的“自我”,因此亦無來生與道德的責任。佛陀雖然否定“自我”,但他保留業報與輪迴的理論。
目次佛教哲學——一個歷史的分析
觀音——半個亞洲的信仰
ISBN9787811266498
ヒット数26
作成日2017.08.22
更新日期2017.08.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
575608

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ