サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中華念佛禪教及其修學義理 -- 念佛禪法的安心學理=Chinese Nianfo Chan Teachings and Their Theories on Practice: Pacifying the Mind in the Nianfo Chan
著者 陳平坤 (著)=Chen, Ping-kun (au.)
掲載誌 法鼓佛學學報=Dharma Drum Journal of Buddhist Studies
巻号n.21
出版年月日2017.12.01
ページ73 - 130
出版者法鼓佛教研修學院
出版サイト http://www.ddbc.edu.tw/zh/
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード安心; 無念; 無相; 無住; 念佛禪
抄録 以關懷佛法的「安心」課題為主軸,本論文側重探討中華禪教傳統的念佛禪法,希望藉由論議念佛禪法及其以「究竟安心」為價
值導向的修學義理,來打開念佛禪法可資以安頓吾人身心或生命的有益內容,同時揭示中華念佛禪教所一貫承傳的佛法實踐精神。
文中,首先論議「念佛法門」在印度流傳的幾種型態;其次,探討中華禪門四祖道信(580-651)至永明延壽(904-976)之間的
不同念佛禪教;接著,闡明念佛禪法落實在「安心」課題上的修學義理;最後,總結指出中華念佛禪教始終涵蘊的「念念不住」實踐精神。
目次一、前言
二、念佛法門在印度地區之流傳及其修學型態
三、中華禪門的念佛禪法
(一)四祖道信以下的「稱名念佛」
(二)「內在超越」型態的初期中華念佛禪教
(三)永明延壽所倡「禪淨雙修」的念佛法門
四、念佛禪法的安心學理
(一)「自作自成佛道」的念佛禪法
(二)「念」而「無所念」的安心要道
五、結論
ISSN19968000 (P)
ヒット数60
作成日2018.05.18
更新日期2021.01.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
576779

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ