サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
南宋・鎌倉仏教文化史論
著者 西谷功 (著)=Nishiya, Isao (au.)
出版年月日2018.02
ページ840
出版者勉誠出版
出版サイト http://bensei.jp
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート作者為西谷功(にしたに・いさお),1978年、京都府生まれ。龍谷大学大学院文学研究科修士課程修了、大阪大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。宗教法人 泉涌寺 宝物館「心照殿」学芸員、龍谷大学文学部非常勤講師。専門は仏教文化史、日本東洋仏教美術史、寺院史、心性史。 著書に『御寺泉涌寺と開山月輪大師』(共著、法藏館〈泉涌寺〉、2011年)、論文に「智積院新文庫蔵『十巻抄』について」(宇都宮啓吾代表『根来寺聖教の基礎的研究―智積院聖教を中心として―』、科研報告書、2014年)、「文物から見た日中僧俗ネットワーク」(板倉聖哲編『東アジアのなかの日本美術』、日本美術全集6、小学館、2015年)、「禅律寺院における宋式「首楞厳呪」「施餓鬼」儀礼」(『明日の東洋学』34、2015年)、「泉涌寺の文化財―儀礼と信仰の視点から―」「釈迦十六羅漢図」(『國華』1458、2017年)、ほか。
キーワード世界史; 中世; 中国; 仏教; 日本史; 東アジア; 美術; 鎌倉
抄録鎌倉時代初期、戒と律が衰退する日本仏教社会の刷新を企図し、我禅房俊芿により京洛東山に開かれた泉涌寺。
宋代仏教との交渉のなかで、僧侶本来のあり方への回帰を目途し、同寺にもたらされ、実践された宋式の僧制・規則・儀礼は、それに関わる文物の移動や受容を伴いつつ、寺院間のネットワークのなかで広く伝播していった。
寺院社会における僧の生活規範を示す「清規」書や儀礼次第書、そして儀礼の場で用いられた仏像や仏画などの文物に着目し、東アジア世界とのかかわりの中で展開した鎌倉仏教の宗教史的・美術史的・文化史的意義を総合的な視点から解明する。
目次序章 〈規則〉からみた南宋仏教請来の意義―本書の研究視座と問題の所在―
第一部 日宋間の人的交流とその場
第一章 泉涌寺開山への諸相―『不可棄法師伝』にそって―
第二章 泉涌寺創建と仏牙舎利―泉涌寺僧聞陽房湛海の行状再考―
第三章 泉涌寺と南宋仏教の人的交流
第四章 「滄洲」と入宋僧―南宋代における一律院の所在とその宗教的空間―
第五章 入宋僧曇照の行状―鉄翁守一との邂逅の「場」を中心に―
第六章 泉涌寺僧と蘭渓道隆の交流―泉涌寺と南宋禅教僧の両ネットワークから見る―
第二部 南宋仏教文化・儀礼・文物の受容と展開
第一章 南宋律院請来の威儀・法式・法会次第の受容と泉涌寺流の展開―新出資料『南山北義見聞私記』発見の意義―      
第二章 泉涌寺流における結夏儀礼の復興と南都諸寺院への影響―俊芿請来の道宣、元照律師像の流布を視座として―
第三章 泉涌寺旧蔵「涅槃変相図」とその儀礼の復元的考察―鎌倉時代における宋式涅槃儀礼の受容―     
第四章 宋式「金光明懺法」儀礼の請来と展開―泉涌寺を例として―
第五章 南宋時代における普陀山観音信仰の展開とその造形―泉涌寺伝来観音菩薩坐像を中心に―
第六章 楊貴妃観音像の〈誕生〉
終 章
資料篇
一 泉涌寺不可棄法師伝
二 仏牙舎利関係資料
  一 「舎利縁起」(雲龍院蔵『泉涌寺概畧録』所収)
  二 「泉涌寺仏牙舎利相伝九月八日舎利会」(『正続院仏牙舎利略記』所収)
  三 「仏牙傳来」(『泉涌寺要集』所収)
  四 「東山泉涌寺佛牙傳来旨趣」(『泉涌寺要集』所収)
三 北京戒光律寺古記
四 南山北義見聞私記
五 泉山僧堂浄式
あとがき
索 引
ISBN9784585210443 (上製)
ヒット数508
作成日2018.09.21
更新日期2020.09.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
578236

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ