サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
チベット仏教発展史略=西藏佛教發展史略
著者 王森 ; 田中公明 (譯)=Tanaka, Kimiaki (tr.) ; 三好祥子
初版
出版年月日2016.05.16
ページ378
出版者国書刊行会
出版サイト http://www.kokusho.co.jp/np/index.html
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録吐蕃末期からサキャ政権成立まで、400年に及ぶ分裂期を中心に、チベット族に関する鋭い分析を交えながらチベット仏教の発展史を系統立てて解説。また、きわめて独創的な「チベット十三万戸」に関する論考や、チベット仏教最大宗派ゲルク派の始祖ツォンカパ研究の代表的論文『ツォンカパ伝論』『ツォンカパ年譜』も収載。チベット学を志すものにとっての必携書である。
目次第1章 吐蕃時代のチベット仏教
第2章 仏教の復興と広がり
第3章 ニンマ派
第4章 カダム派
第5章 サキャ派
第6章 カギュー派(カルマ・カギュー派、ツェルパ・カギュー派、バロム・カギュー派、パクモドゥ・カギュー派)
第7章 その他諸派(シチェー派、チューユル派、チョナン派)
第8章 ゲルク派(黄教)
第9章 元代の十三万戸について
第10章 明代におけるウ・ツァンの政治状況
付 録 
ツォンカパ伝論
ツォンカパ年譜
ISBN9784336059697 (上製)
ヒット数118
作成日2018.10.16
更新日期2018.10.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
578612

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ