サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
漢籍語意鏈結的探討與應用研究 ─ 以佛典數位資源為例:CBETA數位研究平台
著者 釋惠敏 (著)=Shih, Hui-min (au.) ; 洪振洲 (著)=Hung, Jen-jou (au.) ; 許佳瑜
掲載誌 數位典藏與數位人文國際研討會(第9屆)=International Conference of Digital Archives and Digital Humanities (9th)
出版年月日2018.12.18
ページ163 - 163
出版者臺灣數位人文學會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1. 作者釋惠敏、洪振洲、許佳瑜為法鼓文理學院。
キーワード鏈結開放資料=Linked open data(LOD); 語意網=semantic web; 佛學領域本體=Buddhist studies domain ontology; 漢籍文獻數位研究環境=digital research environment for the study of Chinese texts; 量化文獻分析=textual analysis; 學術編輯平台=scholar editing platform
抄録傳統的佛教文獻研究方法,十分仰賴人力進行資料的整理與推論。導致單一研究往 往需要耗費大量時間與精力才得以完成,且通常只能進行小範圍的研究,無法進行大範 圍的比對,難免使研究有見樹不見林之缺憾。現今的數位工具發展技術一日千里,加上 近年來大量完成的佛典數位文獻。因此,我們理應尋求使用數位方法,來幫助我們能更 進一步探索佛經的佛教經典的內涵,突破目前的研究瓶頸。本計畫以「數位文獻的本體 建構與關係鏈結」為核心,從佛典文本知識理解的角度,對既有佛典數位文獻資料進行 優化與加值。我們以 CBETA 資料為基礎,再加上現有的經錄、佛學辭典、規範資料庫 等數位化資源,以及本次計畫的科判(佛典之知識架構)、文句引用、圖文鏈結與詞彙 分析等資料處理,發展概念主題之間的關係,形成佛學領域本體雛型,發展佛學本體詞 網,提供鏈結開放資料的數位文獻資源。期望透過創造、共享與應用更多互相鏈結的語 意資料,提供人文學者更具前瞻性與突破性的數位研究平台服務。
ヒット数561
作成日2019.02.13
更新日期2019.02.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
581179

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ