サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
《新修華嚴經疏鈔》數位資料庫=Digital Database of a “New Revised and Enlarged Edition of Chengguan's Commentary and Sub-Commentary on the Avataṃsaka-sūtra”
著者 洪振洲 (著)=Hung, Jen-jou (au.) ; 林采蓉 (著)=Lin, Tsai-Jung (au.)
掲載誌 數位典藏與數位人文國際研討會(第9屆)=International Conference of Digital Archives and Digital Humanities (9th)
出版年月日2018.12.18
ページ164 - 164
出版者臺灣數位人文學會
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者洪振洲、林采蓉為法鼓文理學院。
キーワード新修華嚴經疏鈔; 澄觀; 八十卷華嚴; 數位平台
抄録《華嚴經疏鈔》是華嚴宗四祖澄觀清涼國師,於唐貞元年間為八十卷《華嚴經》所 作之釋文《疏》及《隨疏演義鈔》。《華嚴經疏鈔》之重要性,在於將大經之教理以信、 解、行、證四大分來說明,並以五周因果來貫串三十九品經中修行次第的因果環節,使 《華嚴經》七處九會之組織內容更容易了解。民國初年,「華嚴經疏鈔編印會」將《華 嚴經》、《疏》、《鈔》三者合編而成《華嚴經疏鈔會本》流傳,由於其中所引之經、論等 諸典籍繁多,且多未註明出處,華嚴蓮社為方便讀者研究、閱讀,故於 1995 年成立「華 嚴編藏會」,針對會本重新審閱、標點、段章、蒐查引文出處,以及標明註釋,編整而 成《新修華嚴經疏鈔》。2015 年,因應全球數位人文發展趨勢,法鼓文理學院與台北市 華嚴蓮社合作建置《新修華嚴經疏鈔》數位典藏平台,本專案建造有利於閱讀及整合的 介面功能,並設有「科判搜尋」、「文本搜尋」、「引用複製」、「字典查找」、「問題回報」、 「離線版下載」、「科判連結文本」、「註解連結至 CBETA、日本大正藏 SAT」等多項功 能,期望數位平台有助於讀者對華嚴經藏之整理與歸納,俾利提升華嚴研究之使用性與 便利性。
ヒット数481
作成日2019.02.13
更新日期2019.02.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
581180

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ