サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
釈摩訶衍論における三大の意味するもの : 弘法大師の思想への接点を求めて (小峰彌彦先生 小山典勇先生 古稀記念論文集 転法輪の歩み)=On Sandai (三大) and Hongaku (本覚) In the Shaku-maku-en-ron
著者 本多隆仁
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.65
出版年月日2016.03
ページ127 - 139
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード体大相大用大; 不二摩訶衍法; 本覚; 自体自相自用; 三十二法門; 顕密対弁; 即身義
目次は じ め に 127
一 起信論立義分における三大 128
二 立義分における「自体相用」と「体」 130
三 釈論立義分解釈の三大の特徴と起信論の体系 134
ま と め 136
ISSN02865661 (P)
ヒット数21
作成日2019.08.25
更新日期2019.09.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
587480

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ