サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從「一葦渡江」到「一葦渡海」 ── 菩提達摩新神化形象探研=From “Passing the River by a Reed” to “Passing the Sea by a Reed”: A Research on Bodhidharma’s New Deific Image
著者 白照傑 =Bai, Zhao-jie
掲載誌 人間佛教研究=International Journal for the Study of Humanistic Buddhism
巻号n.9
出版年月日2019
ページ171 - 195
出版者中文大學出版社
出版サイト https://www.chineseupress.com/
出版地香港, 中國 [Hong Kong, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート白照傑,上海社會科學院哲學研究所助理研究員。Bai Zhaojie, Assistant Professor, Philosophy Study Institute, Shanghai Academy of Social Science.
キーワード菩提達摩=Bodhidharma; 一葦=reed; 渡江=passing the river; 渡海=passing the sea; 神化形象=deific image
抄録傳統佛教史料中的達摩渡海傳說是早期達摩神化形象演變脈絡中的一環,但其中始終沒有形成「一葦渡海」的故事。「一葦」的情節首先出現在很早便已豐滿的達摩渡江傳說中。現當代,「一葦」的形象已被比附於達摩「渡海」的形象上,由此創造出很多相關藝術作品。對達摩這一新神化形象演化過程的詳細討論,展現了傳說人物故事在不同歷史時期中的在創造能力,同時又可揭示載體(文本、圖畫、多媒體等)差異對故事和傳說人物所能造成的影響。

The record of Bodhidharma sailing across the sea in traditional Buddhist sources is a part of the early formation of Bodhidharma’s deific figure, but they do not contain the story “Passing the sea by a reed.” The “reed” plot firstly appears in Bodhidharma’s crossing the river legend. However, in modern times the image of “Passing the river by a reed” is casted on the story of crossing the sea and a lot of arts named “Passing the sea by a reed” are created. The study on the evolution process of imagination about this new deific figure shows the legends’ creativity and re-creativity in different historical periods and how the difference of medium (such as text, painting, multimedia) changes the plots and figures.
ISSN2223800X (P)
ヒット数20
作成日2020.03.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
590187

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ