サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
竺法護是否修訂過T474?=Was T474 Revised by Dharmarakṣa?
著者 Radich, Michael (著)=何書群 (au.) ; 劉勁松 ; 林恕安 ; 耿晴 ; 鄭乃綺 ; 萬金川
掲載誌 佛光學報=Fo Guang Journal of Buddhist Studies
巻号n.2 新5卷
出版年月日2019.07
ページ15 - 38
出版者佛光大學佛教研究中心
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為海德堡大學海德堡跨文化研究中心教授
キーワード電腦文獻學=computational philology; 藏經文本歸屬=attributions of canonical texts; 支謙=Zhi Qian; 竺法護=Dharmarakṣa; 《維摩詰經》=Vimalakīrti-nirdeśa
抄録 雖然現存於藏經中的《維摩詰經》(Vimalakīrti-nirdeśa,T474)歸屬於支謙(fl. 223-252),然前現代傳統與現代學界對於此經究竟應歸屬於支謙還是竺法護(Dharmarakṣa, fl. ca. 280-308)一直有所爭議。作者藉由電腦輔助方法發現了有關此問題相當豐富的內在證據,此篇論文以此為基礎,主張我們現存的文本是對於支謙原來底本的修訂,而修訂者為竺法護或是與竺法護圈子密切關聯之人。

In both the pre-modern tradition and modern scholarship, there has been controversy over whether the Vimalakīrti-nirdeśa (VKN) attributed in the present canon to Zhi Qian 支謙 (fl. 223-252), the Weimojie jing 維摩詰經 T474, is in fact by Zhi Qian or by Dharmarakṣa 竺法護 (fl. ca. 280-308). Using copious internal evidence discovered by computer-assisted methods developed by the author, this paper argues that our extant text is a revision of a Zhi Qian original text by Dharmarakṣa or someone very closely associated with Dharmarakṣa's circle.
目次內部證據 21
引用書目 35
ISSN24143006 (P)
ヒット数62
作成日2020.04.20
更新日期2020.04.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
592453

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ