サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論臨濟宗人對“喝”的創新和超越=Shouting as a teaching technique to create or surpass in Linji Chan School
著者 董群 (著)=Dong, Qun (au.)
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.22
出版年月日2013
ページ112 - 117
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者單位:東南大學佛教文化研究所
2.課題來源:國家社科基金後期資助項目“漢傳佛教倫理思想研究”(編號:11FZJ003)
抄録 唐代叢林流傳“德山棒、臨濟喝”的概括,雖然德山也行喝,但其教化更以施棒著稱,雖然義玄也施棒,但其教化更以行喝馳名,後來形成一個特殊的詞語,“棒喝”或“當頭棒喝”,可見其作用之殊勝。義玄不但行喝,更概括其喝的功能有四種類型,這使其對於喝的理論創新具有不可動搖的地位,與此相聯繫,臨濟宗人更為重視一喝體現的賓主、照用之分,但是在臨濟宗的歷史上,學人常常不理解喝的多重含義和使用機緣,而一味地單純模仿,這也是禪之為“狂”的一種體現。義玄及其同時代與後世高僧明確反對這一點,特別是後世對於喝的批評,體現出臨濟宗的超越精神。與喝的作略相聯繫的創新和超越,是具有普世性的,對於今天的世界仍然具有重要的積極價值。
目次一、義玄行喝的多重情形 112
二、義玄之四喝論 113
三、一喝之賓主照用之分 115
四、對於模仿義玄之喝的批評及禪門對於喝的呵罵式超越 116
結語 117
ヒット数15
作成日2020.05.11
更新日期2021.12.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
593344

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ