サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
靈辨著《華嚴經論》的戒律觀=Shi Ling Bian's View of Precepts in His the Hua-Yan-Jing-Lun(Avatamsakasutralankara)
著者 張文良 (著)=Zhang, Wen-liang (au.)
掲載誌 佛學研究=Buddhist Studies=Journal of Buddhist Studies
巻号(總號=n.23)
出版年月日2014
ページ226 - 239
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者單位:中國人民大學哲學院
2.本文為教育部人文社科規劃基金項目階段性成果,課題號為13YJA73005
キーワード靈辯; 《華嚴經》; 《華嚴經論》; 戒律
抄録 《華嚴經》的戒律思想是中國戒律思想的源頭之一,而靈辯所著《華嚴經論》的戒律觀則是在繼承《華嚴經》的戒律思想基礎上廣泛吸收《楞伽經》和《十住毗婆沙論》等經論的相關思想而成立的。靈辨的戒律觀有三個特徵:一是基於《華嚴經》的相關內容對"三聚凈戒"進行了獨特的解釋,豐富了大乘戒的內容;二是根據"能持"的主體而非"所持"的戒法來區別大乘戒與小乘戒,並力圖將小乘戒納入大乘戒的框架之中;三是導入佛性與如來藏概念來解釋大乘戒。透過對《華嚴經論》戒律觀的分析,我們能夠對中國佛教戒律思想的發展脈絡有更清晰的認識。
目次一、《華嚴經》中的戒律思想 228
二、《華嚴經論》中的戒律觀 231
(一)關於“三聚淨戒” 232
(二)關於“最上屍羅” 233
(三)十善道與大乘戒 234
三、《華嚴經論》的戒律觀與《十住毗婆沙論》的戒律觀 236
四、結論 238
ヒット数303
作成日2020.05.12
更新日期2020.05.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
593559

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ