サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教現代弘法模式探索
著者 淨因
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号(總號=n.24)
出版年月日2015
ページ13 - 19
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國佛教文化研究所
抄録孔子在《論語·衛靈公》中說,"人能弘道,非道弘人。"上求佛法,下化眾生,弘法利生,是續佛慧命、正法久住的重要途徑,自古以來,人們對弘法模式時代適應性模式的探索從未停止過。在大陸,2008年9月24日,山西省晉城市回波禪寺舉辦"21世紀如何弘法研討會";2009年6月16日,深圳弘法寺與《香港商報》聯合舉辦"弘法緣"研討會。在海外,2007年12月10日,澳洲墨爾本南天寺舉行"英文弘法研討會";2007年12月16日至17日,新加坡毗盧寺舉辦"新世紀佛教弘法研討大會";2011年3月10日,越南佛教會在平陽省鵝斗舉辦"全國弘法研討會";2012年,第三屆世界佛教論壇在香港舉辦,"佛教弘法的現代模式"被列入分論壇研討主題;2008年
目次一、新媒體 ─ 現代弘法的利器 13
1.古代語言、文字傳媒 13
2.近代聽、視覺傳媒 14
3.現代信息傳媒 14
4.當代圖像傳媒 14
二、社會主義核心價值觀 ─ 現代弘法的重要內容 15
三、領悟真理 ─ 現代弘法的目的 18
ヒット数17
作成日2020.05.13
更新日期2020.05.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
593620

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ