サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「自訟」與星雲大師人間佛教的 「佛教仁學」形態學分析=“Self-indictment” and the Morphological Analysis of “Buddhist-benevolence” in Venerable Master Hsing Yun’s Humanistic Buddhism
著者 吳忠偉 (著)=Wu, Zhong-wei (au.)
掲載誌 2019星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2020.05
ページ374 - 389
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:蘇州大學哲學系教授
キーワード人間佛教=Humanistic Buddhism; 佛教仁學=Buddhist-benevolence; 自訟=self-indictment
抄録從佛教形態學角度言,星雲大師人間佛教的實質乃是當代佛教仁學,即在應對全球化與現代性的時代語境下,人間佛教行者基於佛教之悲智二德,將「仁學」之「自訟」原則最徹底地貫徹落實。為此,本文基於「仁學解釋學」的理論方法,結合星雲大師新著《佛法真義》,特別圍繞大師對「持戒」與「給人因緣」的詮解,對此「佛教仁學」進行形態學的分析與思想史的溯源。

From a Buddhist morphological perspective, the essence of Venerable Master Hsing Yun’s Humanistic Buddhism is based on the modern concept of Buddhist-benevolence. In this era’s globalization and modernity, Humanistic Buddhists, anchored on compassion and wisdom, fully practice self-indictment and benevolence. This study combines the hermeneutical analysis of benevolence and the ideology presented in Buddha-Dharma: Pure and Simple―a new publication by Venerable Master Hsing Yun. With a focus on Venerable Master’s ideas of upholding precepts and good affinities with others, the morphology and genealogy of Buddhist-benevolence are examined.
目次前言 376
一、持戒與「自訟」 376
二、給人因緣與「立人」 380
三、人間佛教「佛教仁學」形態的思想史脈絡溯源 382
四、結論 387
ヒット数19
作成日2020.07.03
更新日期2020.07.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
595412

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ