サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論漢傳佛教法會聲音元素中的中國傳統文化=Examination of Traditional Chinese Culture Embodied in the Dharma Service and Hymns of Han Buddhism
著者 狄其安 (著)=Di, Qian (au.)
掲載誌 2019星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2020.05
ページ600 - 619
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:上海大學音樂學院教授
キーワード聲音=sound; 梵唄=Buddhist hymn; 念誦=recitation; 唱誦=chanting; 法器=Dharma instrument
抄録漢傳佛教的法會是由經咒誦讀、梵唄唱誦、文本朗讀、法器敲打等聲音元素,以及跪拜、結手印、佛前獻花、上香、供燈燭等肢體動作融合而成的宗教儀式。構築佛教法會的基本元素有兩個,即「聲音元素」與「肢體元素」。本文的內容是對中國漢傳佛教法會中的聲音元素展開分析,通過聲音元素的視角論述漢傳佛教文化與中國傳統文化相互交融的狀況,從佛教法會的聲音元素揭示佛教在華夏大地發展的歷程。

A Dharma Service in Han Buddhism is a type of religious ritual constituted of elements such as scripture and mantra recitation, hymns, chanting, playing of Dharma instruments; all of which are coordinated with prostrations, hand gestures, and offerings of flowers, incense, and candles. There are two primary elements to a Dharma Service: sounds and body movements. This paper endeavors to reveal the developmental process of Buddhism in China, by analyzing the audio in Dharma Services. Furthermore, it discusses the cultural interaction between Han Buddhism and traditional Chinese culture from an audio perspective.
目次前言 602
一、漢傳佛教法會的聲音元素概述 602
二、歌唱性的聲音元素 604
三、非歌唱性的聲音元素 612
四、結論 616
ヒット数21
作成日2020.07.03
更新日期2020.07.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
595429

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ