サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
趙樸老圓融無礙思想的理論與實踐探析=An Exploration on the Theoretical and Practical Aspect of Zhao Puchu's Thought of "Harmony without Obstruction"
著者 淨因
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.2
出版年月日2017
ページ56 - 64
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート1.本文收錄於「紀念趙樸初居士誕辰110周年專欄」
2.作者單位:南京大學中華文化研究院、中國佛教文化研究所
キーワード趙樸初; 不二法門; 圓融無礙; 二元對立
抄録 天臺宗以小、始、終、頓、圓五教判釋佛教教義的淺深,圓教代表最高的佛法,進入萬法融通、事事無礙的境界。本文僅從理論與實踐層面探討趙樸初"圓融無礙"的思辨模式,在展示他深厚的佛學素養的同時,試圖說明其"圓融無礙冶的思辨模式運用於現實社會、人生時,產生了奇妙的功效,成功地將佛教文化命題與佛教正面形象、"農禪並重"與"物質文明"、"學術研究"與精神文明建設、"國際交流"與國家統一、無神論者與信仰有來世的佛教徒圓融無礙地統一在一起,逐步建立起中國佛教與現實社會之間的良性互動關系,使得他在極其復雜、困難時期得以保存、恢復與發展佛教,期盼對未來從事佛教工作者有所啟發。
目次一、趙樸老“圓融無礙”思辨模式的理論高度 56
二、趙樸初“圓融無礙”思辨模式的實踐價值 59
1.佛教文化命題與佛教正面形象的無礙圓融 59
2.“農禪並重”與“物質文明”的圓融無礙 60
3.“學術研究”與精神文明建造的圓融無礙 61
4.“國際交流”與祖國統一大業的圓融無礙 61
5.無神論者與信仰有來世的佛教徒的圓融無礙 63
ヒット数12
作成日2020.07.20
更新日期2020.07.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
595804

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ