サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
性別倫理嬗變中的佛教女性觀探討
著者 金易明
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐兩岸學術會議(第十七屆)
出版年月日2019.05
ページ143 - 158
出版者玄奘大學宗教與文化學系
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:上海佛學院佛學導師暨上海華東師範大學客座教授
主辦單位:玄奘大學宗教與文化學系、財團法人弘誓文教基金會
キーワード佛教; 性別倫理; 八敬法; 五礙; 八十四態
抄録佛教典籍中諸多於性別倫理角度頗有歧視女性的表述,兩千多年來,確實導致包括印度本土、及佛教各傳播地區教界中,滋生出諸多影響女性信徒成道的障道因緣。兩千多年來,限於某些佛典中涉嫌歧視女性修道者的規範,被冠以「聖言量」的「佛說」,而未曾、也未敢予以懷疑,更無勇氣和膽略予以廢止。因而,導致女性佛教信徒在人格上被歧視、甚至於被侮辱的情形,未能得以徹底消除。由此,有必要重溫佛教典籍中以「八敬法」、「五礙」、「八十四態」為文獻依據的女性觀,進行必要而謹慎且嚴肅的甄別,其是否佛陀意趣之體現?抑或以男性、尤其是教界上座長老為主導的僧團,於真切體認佛陀深邃聖言量基礎上,對佛陀於嚴格「種姓」制與嚴重性別歧視倫理環境中,隨緣善巧保護女性修學者之慈悲本懷的某種深切體會結果?抑或這種規範本身,即為男性僧團對佛陀「聖言量」的一種篡改,以迎合自身性別倫理價值觀上根深蒂固的歧視女性陋習?對這些質疑的澄清並直面回答,對此關涉性別倫理之關鍵問題的客觀分析、以及於佛典文本與佛教史發展脈絡結合基礎上的詮釋,是必要的。
目次一、前言 144
二、佛陀制定「八敬法」規約之意趣淺深 145
(一)兩種「八敬法」的文獻依據及表述分析 145
(二)《大愛道比丘尼經》之「八敬法」所體現的佛陀之意趣 146
三、體現女性歧視的「五礙」、「八十四態」辨析 149
(一)對「五礙」說的梳理 149
(二)對於「八十四態」簡述 151
四、「廢除八敬法」呼籲的呼應 153
(一)昭慧法師與「廢除八敬法」 153
(二)〈佛教與女性〉及其對「佛說」的理解 155
參考書目 158
ヒット数151
作成日2020.07.24
更新日期2020.09.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596170

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ