サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
人間佛教「再出發」 ── 對當下「人間佛教」所遭責難之聲的分析與回應
著者 唐忠毛
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐學術會議(第十六屆)
出版年月日2018.05.25
ページ29 - 38
出版者玄奘大學宗教與文化學系、財團法人弘誓文教基金會
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:華東師範大學社會發展學院暨宗教與社會研究中心教授。
キーワード人間佛教; 理性; 世俗化; 聖神性; 再出發
抄録自太虛大師以來的人間佛教思想與實踐運動是中國佛教面對現代性的一種自我革新之探索。今日人間佛教雖已成為兩岸三地乃至世界範圍內的一種主流佛教思潮與實踐方向,但在其發展過程中也面臨著種種質疑與非難之聲。概括而言,其遭受質疑與責難主要源自以下幾個方面:其一、來自根深蒂固的佛教傳統極端保守主義勢力,以及固守宗法社會模式並因此而獲得既得利益者的潛在利益之爭;其二,基於反「理性」而趨向神祕主義「返魅」立場對「人間佛教」人本理性立場的批判;其三,持守原教旨主義教義思想與宗派主義立場者,以「正統性」對人間佛教自我革新立場之批判;其四,因對漢傳佛教信仰力量的減弱與競爭力的降低態勢而導致的將矛頭指向「人間佛教」的批判。以上批判往往集中指向人間佛教的「世俗化」、「商業化」並由此否認其理論「合法性」與宗教「超越性」「神聖性」。以上批判立場往往彼此交互影響,型態複雜,其批判有些是出於對人間佛教及佛教史的無知與誤解,有的則是缺乏理論根據、隔斷歷史的臆斷。本文對以上種種批判與責難立場逐一進行了分析與回應,梳理其批判的淵源背景與理論脈絡中的問題所在,其目的除了回應之外,也意在以此為契機實現人間佛教的理論與實機的不斷完善與「再出發」。
目次一、當前人間佛教遭受質疑與批判的背景淵源分析 30
二、對「人間佛教」遭受種種責難的回應 33
三、秉持佛陀本懷的人間佛教「再出發」 37
ヒット数9
作成日2020.07.29
更新日期2020.07.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596454

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ