サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
中國大陸2016年「批印事件」評議
著者 侯坤宏
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐學術會議(第十五屆)
出版年月日2017.05.22
ページB211 - B334
出版者玄奘大學宗教與文化學系、財團法人弘誓文教基金會
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:前國史館纂修、修纂處處長
キーワード印順法師; 大乘非佛說; 批印事件; 無錫辱僧事件; 周貴華
抄録2016年10月29-30日,由周貴華主導的「印順法師佛學思想:反思與探討」大會在無錫惠山寺舉行,會中對印順法師展開嚴厲批判,甚有涉及人身攻擊者。引起學界、教界廣泛關注,「尊印」與「批印」雙方,在網絡上各種平台相繼發文。吾人當如何看待這起不尋常的「批印事件」?本文嘗試從從近代中國佛教發展史,以及由1949年以來臺海兩岸佛教流流史的角度來觀察。全文分別由:會議參與者「批印」觀點舉隅、周貴華鼓吹的「義學研究」和「完整佛教」、對「批印」派及彼等論點之分析與批評、閩南佛學院在此次「批印事件」中的角色等方面進行分析。文末復就:這是一場經過精心設計的「批印大會」、其實印順法師從來就不缺少批評者、「印順思想」與中國大陸未來如何發展問題、對周貴華等人「批印」之檢討、對周貴華等人「後續動作」之觀察等問題進行梳理,希望透過上述分析,可以說明此次中國大陸佛教「批印事件」之歷史意義。
目次一、前言 B312
二、會議參與者「批印」觀點舉隅 B313
三、周貴華鼓吹的「義學研究」和「完整佛教」 B318
四、對「批印」派及彼等論點之分析與批評 B322
五、閩南佛學院在此次「批印事件」中的角色 B326
六、結論 B331
ヒット数312
作成日2020.07.31
更新日期2020.07.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596504

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ