サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論《阿含經》的死亡哲學=On the Death Philosophy in Āgamas
著者 張仲娟
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.1
出版年月日2019
ページ23 - 32
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:南京大學哲學系
キーワード《阿含經》; 死亡; 輪回; 涅槃
抄録 基於緣起理論,《阿含經》批判了印度傳統哲學的"永生"和"永滅"理論,以"無我涅槃"的理論建構了佛教由平凡到超越,向死而生的死亡哲學。本文通過對《阿含經》認知死亡、經歷死亡(輪迴)與超越死亡(涅槃)三階段修行次第的論證,凸顯了佛教"理性與自立"的修行模式。一方面端正了信眾對死亡的態度,另一方面揭示了信眾掌控人生主動權的必要性。二者的有機結合為最終通達涅槃境界提供了可行性,同時亦順勢化解了宗教安頓生死的理論難題。因此,《阿含經》的死亡哲學具有重要的理論意義、社會意義與實踐意義。
目次一、《阿含經》論死亡的必然性 23
二、《阿含經》對“我”見的破除 25
三、《阿含經》論死亡之歸趣 26
四、《阿含經》論超越生死之道 ─ 無我涅槃 29
五、《阿含經》死亡哲學的意義 31
ヒット数20
作成日2020.08.03
更新日期2020.08.03



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596511

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ