サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
禪宗歷史及其編史中的建構與虛構=Review: Formation and Fabrication in the History and Historiography of Chan Buddhism
著者 羅伯松 (著)=Robson, James (au.) ; 楊昌杰
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.1
出版年月日2019
ページ183 - 207
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article; 書評=Book Review
言語中文=Chinese
ノート1.作者單位:美國哈佛大學東亞語言與文明系;譯者單位:浙江大學哲學系
2.本文原文發表於《哈佛亞洲研究學報》,2011,pp. 311 - 349。
キーワード禪宗史; 柳田聖山
抄録 在上個世紀,禪宗研究歷經了大量卓有意義的改變。如今,我們都知道,禪宗傳統最初被認為是東方"先驗唯靈論"的巔峰;並且,由於受到一些東方學家的幻想和理想化意圖的影響,一群禪宗護教論者將禪宗傳統視為對抗西方"唯理論"和"唯物主義"的有效手段。他們這種關於所謂"純粹"禪宗的理想化圖景帶有"反偶像、反制度"的色彩,並且,這種觀念在二十世紀初隨著敦煌藏經洞中大量材料的發現開始受到批判性地審視。
ヒット数28
作成日2020.08.10
更新日期2020.08.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596776

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ