サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
阿毗達磨:起源、意義與功能=Abhidharma - Its Origin, Meaning and Function
著者 法光 (著)=Dhammajoti, K. L. (au.) ; 譚凌峰
掲載誌 佛學研究=Research of Buddhism
巻号n.2
出版年月日2019
ページ114 - 125
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者單位:香港佛法中心;譯者單位:斯里蘭卡凱拉尼亞大學
2.本文原標題為“Abhidharma - Its Origin, Meaning and Function”, 摘自KL Dhammajoti, Sarvastivada Abhidharma, Hong Kong: The Buddha-Dharma Centre of Hong Kong, 2015, §1。
キーワード阿毗達磨; 起源; 意義; 功能
抄録 本文從起源、意義與功能三方面,對阿毗達磨的產生進行分析與闡釋。首先,依據傳統所說,阿毗達磨結集成藏的時間很可能晚於經、律二藏。從歷史上看,阿毗達磨的起源可以追溯到阿毗達磨論、毗陀羅、毗崩伽、摩呾理迦、優波提舍等幾類契經。它們皆包含了旨在揭示與闡明佛陀甚深教法的特徵,隨後在各別意義上促成了阿毗達磨的發展。然後,從語源和教義上對"阿毗達磨"給出定義與闡釋。最後說明阿毗達磨的產生從根本上是基於修行動機,它作為對佛陀甚深教法的全面系統闡釋,具有救度的功能。
目次一、阿毗達磨 114
1.傳統所說之起源 114
2.歷史的起源 116
二、阿毗達磨的定義 120
三、阿毗達磨的救度(soteriological)作用 124
ヒット数20
作成日2020.08.10
更新日期2020.08.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596794

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ