サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
明空撰《勝鬘經疏義私鈔》的思想特徵=The Characteristics of Mingkong's Shengman Jing Shuyi Sichao
著者 楊玉飛 ; 張文良
掲載誌 佛學研究=Buddhist Studies=Journal of Buddhist Studies
巻号n.2
出版年月日2019
ページ187 - 195
出版者中國佛教文化研究所
出版地北京, 中國 [Beijing, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:楊玉飛,宜春學院宗教文化研究中心;張文良:中國人民大學佛教與宗教學理論研究所
キーワード明空; 《勝鬘經疏義私鈔》; 四種生死; 無情有性
抄録 唐天臺僧明空撰《勝鬘經疏義私鈔》作成半個世紀後,圓仁於開成三年(838)入唐求法,巡禮五臺山之時有緣獲之,並帶回日本珍藏至今,然而在中國唐宋時已散佚不存。加之"明空"其人來歷不詳,以至於明空的《勝鬘經疏義私鈔》在中日學術界備受冷落。近年來,由於中日學者間的交流日益頻繁,《勝鬘經疏義私鈔》在東亞文化交流中所起到的作用逐漸被意識到,在文獻學考證上取得了一些成果。但遺憾的是,至今仍沒有一篇關於其思想內容的討論。因此,本文試圖從其思想入手,以期把握其思想上的特點及在天臺宗思想史上的位置與意義。
目次一、《勝鬘經》與《勝鬘經疏義私鈔》 187
二、明空與《私鈔》中的“無名氏” 189
三、二種生死與四種生死 191
四、無情有性與無情無性 193
五、餘論 195
ヒット数317
作成日2020.08.17
更新日期2020.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
596981

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ