サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
再論印順法師與《華嚴經》的研究 ── 以「方法論」和「修學歷程」為中心
著者 黃夏年
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐學術會議(第八屆)
出版年月日2009.05
ページC7-1 - C7-16
出版者玄奘大學宗教學系、財團法人弘誓文教基金會、玄奘大學應用倫理研究中心、佛教弘誓學院
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國社會科學院世界宗教研究所編審,世界宗教研究雜誌社社長、《世界宗教文化》主編。
キーワード印順; 佛教研究方法論; 修學歷程; 華文聖典; 華嚴法門
抄録印順法師是當代著名的佛教學者,他的研究方法與治學經歷對我國的佛學研究頗有啟發的作用。本文對印順法師的佛教研究「初期大乘」的方法論與他的「修學歷程」做了梳理,認為他在研究方法上注重「華文聖典」,揭示了漢譯佛教資料在研究早期佛教當中的重要性。他的研究歷程也對後來的研究者有諸多的啟發,依照經典的發展線索,注意思想演變的內在邏輯關係,以思想與教義的變化作為研究的基礎,這些都是符合歷史發展規律的做法,同樣也是研究佛教史及其思想史的一個重要的參考。此外,本文還對印順法師研究「華嚴法門」的菩薩信仰做了考察,認為他抓住佛土思想的產生與發展的線索,以毘盧遮那佛的光明遍照特性為依據,較好地說明了「華嚴法門」的理論演變情況,對這一領域的研究作出了自己應有的貢獻。
目次一、 C7-2
二、 C7-5
三、 C7-9
四、 C7-14
ヒット数203
作成日2020.08.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597051

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ