サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
音調未定的現代性 ── 歷史丕變中的「新佛教」敘事
著者 宣方
掲載誌 印順導師思想之理論與實踐學術會議(第八屆)
出版年月日2009.05
ページC11-1 - C11-16
出版者玄奘大學宗教學系
出版サイト http://www.hongshi.org.tw/index.aspx
出版地桃園市, 臺灣 [Taoyuean shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國人民大學宗教學系、佛教與宗教學理論研究所副教授
主辦單位:玄奘大學宗教學系、財團法人弘誓文教基金會、玄奘大學應用倫理研究中心、佛教弘誓學院
抄録在滄桑巨變中的近現代,整個亞洲佛教傳統重新詮釋自身,回應現代性的批判,力圖重建自己與現代社會的意義關聯,從而捍衛自身合法性。在漢傳佛教響應現代性挑戰、重建自身合法性的宏大工程中,二十世紀波瀾壯闊的人間佛教運動,無疑是眾多嘗試中最為醒目的一種形態。而在多音喧嘩的各種人間佛教現代性敘事中,巨贊法師的「新佛教」論述又無疑是十分特殊的一種。這不但是由於它立場鮮明的激進立場,而且由於它是唯一橫跨 1949 這個歷史丕變的分水嶺,在兩種截然不同的政治語境下持續其現代性敘事的。這種“新佛教”論述,它的動機是什麼?有怎樣的目標訴求?有哪些主要內容和具體措施?有過怎樣的實踐嘗試?和同時代其它人間佛教論述相比,它在形式和內容上有怎樣的特色?尤其是,在翻天覆地的歷史巨變中,它貌似不變的敘事,究竟是簡單的重複,還是意味深長的變奏?藉此次會議之便,本文嘗試對這些問題作些討論。
目次一、巨贊法師的「新佛教」主張 C11-3
1.「新佛教」的宗旨和要達成的最終目標 C11-3
2.「新佛教」的主要內容和具體措施 C11-3
二、巨贊法師新佛教論述的教理基礎和基本立場:兼論巨贊法師的佛教觀 C11-7
ヒット数185
作成日2020.08.21
更新日期2020.09.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597055

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ