サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Resolving the Ineffability Paradox
著者 Ho, Chien-hsing (著)=何建興 (au.)
掲載誌 Australasian Society for Asian and Comparative Philosophy Conference
出版年月日2015.07
出版者Monash University
出版サイト https://www.monash.edu/
出版地Melbourne, Australia [墨爾本, 澳洲]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語英文=English
キーワードIndication; Apoha(exclusion); Ineffability Paradox; Gestural Language
抄録A number of contemporary philosophers think that the unqualified statement “X is unspeakable” faces the danger of self-referential absurdity: if this statement is true, it must simultaneously be false, given that X is speakable by the predicate word “unspeakable.” This predicament is in this chapter formulated as an argument that I term the “ineffability paradox.” After examining the Buddhist semantic theory of apoha (exclusion) and an apoha solution to the issue, I resort to a few Chinese Buddhist and Hindu philosophical materials to rationally reconstruct a strategy for resolving the paradox. By introducing the mode of expression termed “indication,” together with the relevant notions of superimposition and of gesturing beyond the horizon, I show that expressing the ineffable does not necessarily involve irresoluble contradiction. It is also suggested that philosophers may need to acknowledge the relevance of the notion of ineffability for contemporary philosophizing.
ヒット数33
作成日2020.09.08
更新日期2020.09.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597390

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ