サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Nonduality of Speech and Silence: A Comparative Analysis of Jizang's Thought on Language and Beyond
著者 Ho, Chien-hsing (著)=何建興 (au.)
掲載誌 Dao: A Journal of Comparative Philosophy
巻号v.11 n.1
出版年月日2012.03
ページ1 - 19
出版者Springer
出版サイト https://www.springer.com/gp
出版地Hamburg, Germany [漢堡, 德國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードJizang; Nāgārjuna; Nonduality; Speech; Sacred Silence; Doctrine of Twofold Truth
抄録Jizang 吉藏 (549−623 CE), the key philosophical exponent of the Sanlun 三論 school of Chinese Buddhism, based his philosophy considerably on his reading of the works of Nāgārjuna (c. 150−250 CE), the founder of the Indian Madhyamaka school. However, there are salient features in his thought on language that are notably absent from the works. In this article, I present a philosophical analysis of Jizang’s views of the relationship between speech and silence and compare them with those of Nāgārjuna. It is shown that while Nāgārjuna leans toward affirming a clear-cut distinction between speech and ineffable quiescence, Jizang endorses the nonduality of conventional speech and sacred silence.
目次1 Introduction 1
2 Nāgārjuna: Distinguishing between Conventional Speech and Sacred Silence 3
3 Jizang: One Principle, Two Teachings 10
4 Jizang: The Nonduality of Speech and Silence 13
5 Concluding Remarks 17
References 18
ヒット数12
作成日2020.09.10
更新日期2020.09.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597424

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ