サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
靜思語:行菩薩道的方向:戒、定、慧.信、願、行.感恩、尊重、愛
著者 釋證嚴 (著)=Shih, Cheng-yen (au.) ; 釋德慈 ; 劉建志 (繪)=Liu, Jian-zhi (illus.)
初版
出版年月日2018
ページ228
出版者慈濟文化出版社
出版サイト https://www.tzuchi.org.tw/tcstudy/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
シリーズ靜思語
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
キーワード佛教說法; 圖錄
抄録書中三卷靜思語內容,卷一主題為「戒、定、慧」。佛陀的千經萬論就是教導戒、定、慧「三無漏學」,守戒律,即能防非止惡;有定力,即能恆持發心立願;有智慧,即能明辨是非、了徹世理,慈悲平等、普施一切。再者,有智慧則心能定靜不退轉,心能定靜即能堅守戒律,道業精進無漏失。

卷二主題為「信、願、行」,行在菩薩道上,穩定前進,方向不偏,一定要具足「信、願、行」──起信心、立宏願、身體力行。「信」就如菩提樹的根,根向下鑽得愈深,樹幹就能向上長得愈高、枝葉生長得更茂盛;有「願」,才能凝聚大力量,人人發慈悲心要造福人群,就有行善的大力量;有信、有願,還要身體力行,缺乏「行」,道就不成。有願無行,發的願是空的;若只是做事而沒有發願,沒有激發出自我的願力,很容易受境界影響半途而廢。所以在力行的同時還要不斷地發願,激起願力支持自己不斷地向前行。

卷三主題為「感恩、尊重、愛」,此三者與佛法所談「三輪體空」意義相通──無私付出而沒有目的,不執著我是付出的人、誰是受我幫助的人,也不論自己付出了多少,總是盡一分心力,視眾生所需而給予,還要感恩有機會能夠付出、對方願意接受。能夠時時用感恩、尊重、愛對待他人,就能以團隊之力合和互協地為天下眾生付出。

三卷九章,一百八十句靜思語,一百八十張優美相片,法理與情景交融,細細品味、靜靜思惟,卷秩書香悅心,法句自然入心。叮嚀行者走在菩薩道上,以「戒、定、慧,信、願、行,感恩、尊重、愛」作為修行方向,心路時時有方向,行道步步有方法。
目次卷首序文
依正法走向解脫

卷一
第一章 戒
第二章 定
第三章 慧

卷二
第四章 信
第五章 願
第六章 行

卷三
第七章 感恩
第八章 尊重
第九章 愛
ISBN9789869630504 (平裝)
ヒット数9
作成日2020.09.21
更新日期2020.09.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
598008

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ