サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
一條關於達摩入華的另類資料=An Unusual Material about Bodhidharma Entering China
著者 方廣錩 (著)=Fang, Guang-chang (au.)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.5 (總號=n.165)
出版年月日2017
ページ57 - 63
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:上海師範大學哲學與法政學院教授
キーワード菩提達摩=Bodhidharma; 入華=coming to China; 譏謗=derision; 教外別傳=special teaching without the aid of words or scripts
抄録依據唐道宣《唐高僧傳》載,南北朝時,菩提達摩入華傳播禪法,創立禪宗,曾受到當時部分佛教僧人的"譏謗",但所謂"譏謗"的詳情不清。本文依據在敦煌遺書中發現的8世紀上半葉寫本《成唯識論述記解前雜敘》(擬)來探討這一問題。指出當時僧人"譏謗"達摩的方法之一,可能是質疑達摩傳法的合法性。或許正因為有類似的質疑,達摩不得不以"教外別傳"應之,並為早期禪宗的傳法特點提供一個新的解讀視角。

According to the Biographies of the Eminent Monks of the Tang Dynasty by Dao Xuan of the Tang dynasty, when Bodhidharma came to China to preach the law of meditation(dhyana) and founded the School of Chan in the Southern and Northern Dynasties, he was derided by some Buddhist monks, though what he was criticized for remains unclear. This paper attempts to discuss this problem according to the Chengweishilun Shuji Jieqian Zaxu(Commentaries on Vijnaptimatratasiddhi-sastra) preserved in a manuscript of the first half of the 8 th century in Dunhuang documents. These commentaries explain that doubting the validity of Bodhidharma’s preaching is a form of slander, which may be the reason that Bodhidharma’s " special teaching from Buddha(without the aid of words)" was met with such a negative response. This gives new context to interpreting the dharma-preaching characteristics of the early Chan School.
ISSN10004106 (P)
ヒット数264
作成日2020.10.19
更新日期2020.10.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
598680

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ