サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌莫高窟北區B464窟回鶻文題記研究報告=A Research Report on the Uighur Inscriptions in Cave B464 in the Northern Area of Dunhuang Mogao Grottoes
著者 張鐵山=Zhang, Tie-shan ; 彭金章=Peng, Jin-zhang ; 茨默, 皮特=Zieme, Peter
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.3 (總號=n.169)
出版年月日2018
ページ44 - 54
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中央民族大學中國少數民族語言與古籍研究所;敦煌研究院;德國柏林科學院吐魯番學研究中心
キーワード北區B464窟=Cave B464; 回鶻文=Uighur; 題記=inscription; 敦煌莫高窟=Dunhuang Mogao Grottoes
抄録敦煌莫高窟北區B464窟出土有大量漢文、西夏文、回鶻文、藏文、蒙文、梵文文獻及回鶻文木活字等,而更為重要的是,該窟中室、後室甬道和後室中寫滿了回鶻文經文題記。如此眾多的回鶻文題記,在已發現的敦煌石窟中尚屬首例。通過對回鶻文題記的釋讀,一方面可修正以往學界對窟內善財童子五十三參等壁畫內容的解讀;另一方面,可推知B464窟現存壁畫應出自回鶻人之手,該窟時間下限可定為元代,是元代回鶻洞窟。

Many wooden block printed manuscripts in Chinese, Tangut, Uighur, Tibetan, Mongolian, Sanskrit, and Uighur have been found in Cave B464 of the Northern Area at Mogao, the most significant of which are several inscriptions in Uighur written on the walls of the middle chamber, the connecting corridor, and the back chamber of this cave. Among the Mogao caves found so far, this is the only one with so many Uighur inscriptions. Deciphering these inscriptions not only revises the previous interpretations of Mogao wall paintings,including a relevant image of the Pilgrimage of Sudhanakumara, but also helps researchers to infer that the extant murals could only have been completed no later than the Yuan dynasty, meaning that this particular cave was built sometime during the Yuan dynasty.
目次一 北區B464窟回鶻文題記研究工作的啟動 45
二 北區B464窟的形制及發掘成果 45
三 北區B464窟回鶻文題記研究 46
1.中室的題記 46
2.後室甬道上的題記 49
3.後室的題記 51
ISSN10004106 (P)
ヒット数183
作成日2020.10.23
更新日期2020.10.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
598814

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ