サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
敦煌寫本《導凡趣聖心決》錄校與研究=Recording, Correction, and Research of the Dunhuang Documents Daofan Qusheng Xinjue
著者 韓傳強 (著)=Han, Chuan-qiang (au.)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.5 (總號=n.171)
出版年月日2018
ページ71 - 76
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:東南大學人文學院;滁州學院馬克思主義學院
キーワード《導凡趣聖心決》=Daofan Qusheng Xinjue; 法如系=Methodology of Fa Ru; 禪宗譜系= the Lineage of the Chan Sect; 杜胐=Du Fei
抄録作為禪宗北宗重要禪文獻之一的《導凡趣聖心決》,歷來備受學界關注。然而,學界對《導凡趣聖心決》的歸屬問題一直都存在著爭議。本研究以《導凡趣聖心決》錄文和校勘為基礎,通過對《導凡趣聖心決》思想及其所特有的傳承譜系進行分析,認為《導凡趣聖心決》歸於法如係,而其作者則很可能為《傳法寶紀》的撰者杜胐。關於《導凡趣聖心決》的內容,則可分為"構建禪宗譜系"、"論觀法"、"論修心"等三個主要部分。

The Daofan Qusheng Xinjue, as one of the central Buddhist texts for the Northern School of the Chan Sect, has attracted a great amount of attention from academic circles, though differences remain as to views of its authorship. Based on the recording and correction of this text, and by analyzing the ideas it expresses and unique relationships of inheritance, this paper concludes that the author of this document may likely be Du Fei,who also wrote Chuan Fabao Ji. As for the contents of Daofan Qusheng Xinjue, it can be divided into three main parts: "Building the Lineage of the Chan Sect," "The Outlook on the Laws," and "Theory of Mind."
目次一 《導凡趣聖心決》寫本錄校 72
二 法如係與《導凡趣聖心決》 74
三 杜胐與《導凡趣聖心決》的作者 75
四 《導凡趣聖心決》的文本結構 76
ISSN10004106 (P)
ヒット数202
作成日2020.10.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
598893

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ